• ねずみ屋根裏を考える

    ねずみの被害というと、昔の日本での話のように感じられますが、現代でもネズミの被害というのは、全国で報告されています。

    それはねずみが繁殖力が旺盛ということもあります。


    どんな環境でも生き延びられる生命力を持っているのと、どんどん増えていくために駆除しても、追いつかないくらいになっている傾向があります。
    最近では大都市の繁華街でもねずみを見る機会が増えています。もっともねずみは昼は物陰にかくれていて、夜になると活動をするので、一見するといないように感じられますが、飲食店からの生ごみを餌としているので、被害が拡大していますし、またどこでも生きていられるのです。


    それは住宅地でも同様です。


    いつのまにか住宅に入り込んでいるのです。


    ねずみ屋根裏の姿が多いのです。


    屋根裏にいつの間にか巣をつくっていて、音がすると思ってみたら子供まで生まれているというケースも多いです。

    ねずみ屋根裏の被害としては、糞尿によって家が汚れるということや、カビやダニの発生なども多く人の体に悪影響を及ぼす可能性があります。
    あとは、電気コードを食いちぎって漏電や火災の可能性もあるのです。



    ですからねずみくらいと思わず、ねずみ屋根裏をみつけたら、すみかやに駆除する方法を考えたほうがいいです。



    駆除のやり方は駆除のための餌をまいたり、超音波などを使う方法もありますが、ねずみは小さな隙間から移動するので、なかなか完全に駆除するのはとても難しいです。

    ジョルダンニュース!のサイトが登場しました。

    業者に依頼するのも1つの方法です。